{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Jodo Journal 2 [特集:創ることのいまとここ]

¥1,100 税込

送料についてはこちら

これまでの生活もままならない非常事態の中で、芸術文化はいかに存在し、生き抜くことができるのだろうか。パンデミックとローカリティを切り口に、芸術文化の多様な担い手に注目した特集「創ることのいまとここ」、ポストトゥルースを起点に現代社会や芸術について考える巻頭対談「ポストトゥルースと「創造」の現在」(大橋完太郎×千葉雅也)、多彩なゲストによるレクチャーシリーズ「書く×編む×作る」(千葉雅也、福永信、佐々木敦、小田原のどか)。これに加えてロングインタビューやエッセイ、クロスレビューや論考を通じて、創造することの現在地点を多角的に描き出す。パンデミックのただ中で創作の現状を捉え直すことは、コロナ以後の芸術文化を模索するためのヒントとなるはずだ。 — 発行:浄土複合 判型:A5変形判 単行本:144ページ 刊行:2021年2月28日 価格:1000円(+税) ISBN:978-4-9911963-0-0 — [巻頭対談] ポストトゥルースと「創造」の現在——フィクション、資本主義、ポストモダン 大橋完太郎×千葉雅也 [レクチャーシリーズ] 書く×編む×作る 千葉雅也|それぞれの「書けてしまいかた」を発明する 福永信|あらゆる場所に読者を作る 佐々木敦|「色々あって、もう一つ」を実現するために 小田原のどか|彫刻・ジェンダー・乗り心地 [特集] 創ることのいまとここ PART 1 パンデミック——非常事態の中で ・パンデミック下のクラブカルチャー Kotsu/ミタ/SEKITOVA 聞き手・文=足利大輔 ・コロナ禍のアンサンブル 音遊びの会 聞き手・文=羽渕徹 ・記憶のダイアローグ サトウアヤコ 聞き手・文=ギサブキリコ PART 2 ローカリティ——創る/生きることの足元 ・インディペンデントな批評誌を作る 渋革まろん/依田那美紀 聞き手・文=八坂百恵 ・記憶をかたどる ベ・サンスン 聞き手・文=尾角朋子 ・複合的な人々 太田泉/長谷川実央/小西雄次郎/片山逹貴/勝間田菜穂/岡本昌也/黒木結 聞き手・文=中谷利明 ・みんなで、ちょっとひとやすみ 足利大輔/日岡美穂/山田真也 聞き手・文=廣橋美侑 [ロングインタビュー] 中尾拓哉 生活と制作をめぐる評論 聞き手・文=海老塚伸之 篠原雅武 再物質化する環境 聞き手・文=山田真也 [エッセイ] 月と銀閣寺を愛でる 文=日岡美穂 アートを買う 文=淺井忠博 [クロスレビュー] パンデミック下で作品を捉えなおす 「杉本博司 瑠璃の浄土」展 「京芸 transmit program 2020」展 「生誕140周年 熊谷守一展 わたしはわたし」 「ニューミューテーション#3」展 [論考] 池田剛介 パンデミック下で考える、分割と均衡のオルタナティヴ

セール中のアイテム